興信所へ依頼する方法

HOME » 興信所へ依頼する方法

興信所へ依頼する方法

・まずは相談
興信所によって細かい部分は変わりますが、依頼する方法については、基本的にはどこも同じはずです。
人生で何回も興信所にかかることがないからこそ、依頼する方法についてしっかり把握しておくようにして下さい。
興信所に依頼する際には、相談から入ります。
相談方法は直接会っての面談もありますが、電話やメールで承っている所も少なくありません。
事情があれば電話やメールでも構いませんが、興信所の調査方法をより詳しく把握しておきたいのなら、面談による相談がおすすめです。
事前に興信所へ相談したいとアポイントメントを取った上で、訪れるようにして下さい。

・依頼へ
相談が終われば、いよいよ調査を依頼することになります。
調査依頼となると、まずは料金の見積もりを渡されることになるでしょう。
料金の見積もりは、隅から隅まできっちりとチェックして下さい。
興信所の料金システムは少し複雑で、出された料金が適正かどうかを判断するのは難しいのは否めません。
でも判断するのは難しくとも、なぜ”その料金”になっているかを聞くことは出来るはずです。
また成功報酬の体を取っている興信所の場合、調査に失敗した時の料金についても聞くようにしましょう。
見積もりに納得ができたら、いよいよ依頼になります。
依頼する時は、調査委任契約書・重要事項説明書・誓約書などの書類が渡されるかと思います。
書類1枚1枚しっかりと読み込んだ上で、依頼を進めて下さい。

・調査の準備は依頼者の協力あってこそ
調査となると興信所の調査員は、調査に向けての準備に取り掛かります。
調査の準備にあたり必要となるのが、依頼者の強力です。
もし調査員に何か質問があれば、分かる範囲内で良いので正直に答えて下さい。
成功率が上がるかどうかは、依頼者の協力次第になります。
そして準備が整ったら、いよいよ調査の開始です。
調査は秘密裏に迅速に進められるため、どんなに勘の良い人でも気づかれることはありません。
ただし状況によっては、調査が難しくなる場合もあります。
調査が難しいと判断した場合、調査員は依頼者に協力を求めることがあります。
もし協力要請があれば、素直に応じるようにしましょう。

・依頼を断ることもある
なお興信所は依頼を全て受けている訳ではなく、内容によっては断ることもあります。
例えば相手を排除するための、差別的な調査です。
興信所は「差別は絶対にあってはならない」という方針を取っており、絶対に首を縦にふることはありません。
また犯罪に関わりのある依頼も、断っています。
依頼内容によっては調査ではなく、警察にそのまま通報することもあります。