興信所の調査範囲

HOME » 興信所の調査範囲

興信所の調査範囲

・調査範囲は法律で許された範囲
「興信所に頼めば何でも分かる」とおもわれるかもしれませんが、残念ながら「何でも」分かることはありません。
今は個人情報にまつわる法律が厳しくなっており、難しくなっています。
また興信所は「探偵業法」という法律のもとで調査することになっており、調査範囲は限られています。
「法律で決まっていても、違法な事をするのでは」とおもう人もいらっしゃるでしょうが、大きな間違いです。
万が一違法な調査をしてしまうと、興信所そのものの存亡にも関わります。
大手興信所でも小規模な興信所でも、法律の範囲内で調査を進めることになります。

・実際に判明する範囲
「興信所の調査範囲は法律の範囲内」と言われても、ピンと来ないでしょう。
でも法律の範囲内だけでも、かなりのことがわかります。
例えば調査対象の名前だけでも、住所・生年月日・電話番号・勤務先・資産力もわかります。
住所と電話番号に関しては、1日あればわかるでしょう。
他にも入信している宗教や車の種類も、把握可能です。
また、調査対象の持っている趣味も興信所の手にかかれば、ハッキリするでしょう。
だからもしギャンブルが趣味で、収入の半分以上をギャンブルにつぎ込んでいた場合も、ハッキリとわかります。
事細かく調査すると日数はかかりますが、かなりの範囲を調査することができます。

・興信所の調査方法
調査できる範囲があまりにも広い理由は、意外な所にあります。
例えばレンタル店を利用する際には、申込書に住所氏名電話番号を記入して会員カードを作るかとおもいます。
また会員カードで、色んなDVDやCDを借りることになるでしょう。
レンタル店の会員カードを調べれば、その人の趣味や嗜好が手に取るようにわかります。
さらに、懸賞サイトに応募したことはないでしょうか。
懸賞サイトからも、個人にまつわる色んな情報を手にすることができます。
興信所は法律の許された範囲内でこれらの情報を取得し、調査をしています。

・興信所が行っている調査
興信所が手がけている主な調査は、個人信用調査・身元調査・浮気調査・企業調査などです。
個人信用調査は読んで時のごとく、「本当に信用できる人かどうか」を調べるものです。
浮気調査は、配偶者が浮気をしているかどうかを調べるものです。
ただし調べるのはあくまでも、浮気をしているかどうかまでです。
浮気相手と配偶者を別れさせるような「別れさせ屋」なことまでは、行っておりません。
具体的に何処まで調査してくれるかは、その時の状況によって大きく変わります。
詳細については直接興信所に問い合わせた方が、確実です。